主な疾患と治療

泌尿器科の診療範囲

主な疾患と治療

  • 研究活動一覧
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 腎盂・尿管がん
  • 腎細胞がん
  • 精巣腫瘍
  • 性同一性障害(GID)
  • 感染症
  • 排尿障害
  • 腎不全
  • 尿路結石

手術統計

臨床研究へのご協力のお願い

診察のご案内

  • 診療時間と担当医
  • 当院へのアクセス

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、自分の診療内容や治療法について、担当医以外の医師に意見を求めることです。
自らの治療に対して患者様自身が最良の方法を選択するため、私たちのセカンドオピニオン外来をご利用ください。

詳しくはこちら

膀胱がん

膀胱がんとは

膀胱とは、腎で作られた尿が尿管を通り、尿道から排泄されるまでに一時的に尿を溜めておく袋状の臓器であり、下腹部に存在しています。膀胱の壁は三層から成っており、内側から、粘膜、粘膜下層、筋層とあり、外側には脂肪組織があります。

膀胱がんは膀胱の粘膜上皮から発生する癌であり、進行するにつれ根が深くなり、粘膜下層、筋層、周囲脂肪組織の順に外側へ浸潤していきます。一般的に膀胱がんは高齢の男性に多い病気です(男性が女性の約3倍と言われています)。

原因

喫煙が膀胱がんになりやすい危険因子であり、喫煙者は非喫煙者の数倍のリスクがあると言われています。
その他、特定の薬物や色素・繊維などへの暴露も危険因子とされています。

症状

膀胱がんの典型的な症状は、無症候性肉眼的血尿(痛みなどの症状を伴わない血尿)です。
その他、排尿困難や頻尿を認める場合もあります。

膀胱がんの診断

診断に必要な検査として、検尿、尿細胞診、膀胱鏡(膀胱内を観察する内視鏡検査)があります。検尿では血尿を認め、膀胱鏡で膀胱内に腫瘍を認めます。尿細胞診で異常所見(癌細胞の存在)を認める場合もありますが、認めない場合もあります。癌かどうかの診断には、後述する手術による組織検査が必要です。

その他、癌の進行程度(病期)を調べる検査として、CT、骨シンチ、MRIがあります。病期により治療方針が変わってくるため、必要な検査です。MRIでは膀胱局所での進行の程度を調べ、CT・骨シンチでは転移がないかどうかを検索します。PETを行う場合もあります。

膀胱がんの治療法

一般的な治療として、他の癌と同じように、手術抗癌剤治療放射線治療という3つの大きな柱があり、病期により治療方針を決定します。

手術には内視鏡手術(TUR-BT:Transurethral resection - Bladder tumor, 経尿道的膀胱腫瘍切除術)と開腹手術(主に膀胱全摘除術)とがあります。組織検査(癌かどうかの診断)のため、まず内視鏡手術を行います。早期癌であれば、内視鏡手術で治療可能です。

局所進行癌(根が深い癌)は内視鏡手術のみでは治療が困難なため、追加の治療を行います。追加されるのは開腹手術または抗癌剤治療、放射線治療になります。

膀胱全摘除術

膀胱全摘除術は膀胱を全て摘除する手術です。癌が完全に治る(根治)可能性が一番高いですが、尿路変更術(尿を出す場所を変える手術)も同時に必要になります。また、全身麻酔が必要で治療の中では最も体に負担のかかる治療なので、高齢であったり持病があったりして体の弱い方はできない場合もあります。癌のある部分だけ部分的に摘出する方法(膀胱部分切除術)もありますが、再発のリスクが高いです。

放射線治療

放射線治療は体の外部から、体の一部分に放射線を当てる治療方法です。膀胱に対してだけでなく、転移がある部分も治療可能です。体にそれほど負担のかかる治療ではありませんが、癌が再発する可能性はあり、一度放射線治療を行うと追加で放射線を当てることも手術を行うこともほぼ不可能になってしまいます。

抗癌剤治療

抗癌剤治療は、一般的には抗癌剤を点滴で投与する治療であり、唯一全身に効果のある治療です。転移を認めた場合第一に行う治療になります。
手術前後に行ったり放射線治療と並行して行ったりすることもあります。 また、早期癌に対する再発予防のため、抗癌剤を膀胱内へ注入する治療もあります。

適切な治療を行っても癌の進行が食い止められず、進行してしまう場合があります。残念ながら現代の医学では、前述した治療以外に有効性が確認できている治療はないのが現状です。その場合は、緩和ケアへ移行することになります。

緩和ケアとは、膀胱がんだけでなく全ての癌において、治療が無効になり癌が進行していった際、患者様が癌で亡くなられるまでの間、癌によって起こりうるあらゆる症状を緩和し、残された時間を有意義に使っていただくことが目的の治療です。痛み止めなど、薬物療法が中心となる治療です。癌の性質や進行程度によっては、治療中にも癌による症状で悩まれる患者様もおられますが、その場合は前述した治療を行いながら同時に緩和ケアを行うことが一般的です。

癌の治療は早期発見早期治療が基本であり、早期癌であれば根治が可能です。症状がないからといって放置していると、気付いた時には進行している場合もあります。普段から検診等で検査を受けておいたり、血尿などの症状がある場合は早めに病院へ受診することが重要です。

また、治療方針は患者様個人個人の病気の進行程度や全身の状態により異なってきます。実際に膀胱がんと診断された場合は、患者様の病状に応じた治療方針を各担当医からご説明させて頂きますので、気軽にご相談ください。