主な疾患と治療

泌尿器科の診療範囲

主な疾患と治療

  • 研究活動一覧
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 腎盂・尿管がん
  • 腎細胞がん
  • 精巣腫瘍
  • 性同一性障害(GID)
  • 感染症
  • 排尿障害
  • 腎不全
  • 尿路結石

手術統計

臨床研究へのご協力のお願い

診察のご案内

  • 診療時間と担当医
  • 当院へのアクセス

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、自分の診療内容や治療法について、担当医以外の医師に意見を求めることです。
自らの治療に対して患者様自身が最良の方法を選択するため、私たちのセカンドオピニオン外来をご利用ください。

詳しくはこちら

腎不全(→腎移植)

岡山大学泌尿器科は腎不全に対し積極的に腎移植を行っています。
  *腎移植患者さんのためのドクターコラムを始めました。
     http://medipress.jp/advisers/23

腎不全の治療

腎臓とは

腎臓は腰上部両側にあるそら豆のような形をした握り拳大の臓器です。
腎臓の基本的な役割は心臓から送られた血液をフィルター(=腎臓)でこし出すことによって、血液中の老廃物や余分な水分を尿として体外に排出します。

腎臓の役割

腎臓の最も重要な役割は血液を濾過して尿を作り、これを体外に排出することです。
食事や飲水などによって体に溜まる余分な水分や老廃物を尿として体の外に排泄します。必要なものは再吸収して体内に留め、体内を一定の環境に維持しています。
また、腎臓は血圧を維持するホルモン(レニン)や血液をつくる造血ホルモン(エリスロポエチン)をつくり、血圧のバランスをとったり、貧血を防いだり、カルシウムを吸収して骨を作るビタミンDを活性化して、骨の量や質の維持やカルシウムバランスの維持に努めています。

慢性腎臓病・腎不全

慢性腎臓病とは3ヶ月以上持続する尿異常(蛋白尿・血尿)、腎機能が約60%未満にまで低下した状態を指します。腎機能が正常の60%未満に落ちると、下記のような症状が出始め、進行性の腎機能低下があると考えられます。正常の15%以下の低下となり、透析か移植が必要に差し迫った状態を末期腎不全といいます。

腎機能(目的) 症状 検査所見 必要な処置
90%以上 ほとんど無し 蛋白尿・血尿・高血圧 定期的検査
60〜90% 一度は腎臓専門医受診
30〜60% むくみ 上記+クレアチニン上昇 腎専門医によるフォロー腎不全進行抑制の治療
15〜30% 上記+易疲労感 上記+貧血・カルシウム低下 透析・移植の知識取得
腎不全合併症の治療
15%未満
(末期腎不全)
上記+吐気・食欲低下
息切れ
上記+カリウム/リン上昇
アシドーシス・心不全
透析・移植の準備
10%以下の腎機能では透析開始・移植施行

(腎不全の治療選択 腎臓学会PDFより許可を得て抜粋)

腎不全の治療法

慢性腎不全は現在の医療では元の正常な状態に回復せず、そのほとんどが末期腎不全に移行します。ただし、適切な治療によって、末期腎不全いたる時期を遅らせることが可能な場合があります。具体的には腎不全の原因となっている病気(たとえば糖尿病や腎炎)の治療があげられます。また、高血圧・高コレステロール血症・肥満などの生活習慣病の薬剤や生活指導による是正、食事療法(低塩分・低蛋白)などが大切になります。

治療方法 具体例
原疾患の治療 糖尿病のコントロール・腎炎の治療 など
生活指導 適切な運動・禁煙
鎮痛薬・造影剤など腎毒性物質の制限・禁止
定期的な外来受診・服薬
食事療法 低塩分食・低蛋白食
薬物療法 高血圧の治療
蛋白尿を減らす治療
(ACE阻害薬・アンジオテンシン受容体拮抗薬)
尿毒素を除去する療法(活性炭など)
腎不全による症状
に対する治療
貧血の治療(エリスロポエチン投与)
骨病変の治療(ビタミンD投与など)
高カリウム血症の治療(陽イオン交換樹脂)
酸血症(アシドーシス)の治療(重曹など)

(腎不全の治療選択 腎臓学会PDFより許可を得て抜粋)

末期腎不全に対する治療手段

末期腎不全に至った場合は回復の可能性がなく、尿毒症や高カリウム血症(不整脈・心臓が止まることもある)・心不全などの重大な問題を起こすので、移植や透析をする以外に方法がありません。腎機能だけで言うと、大体10%以下程度の腎機能で移植や透析が必要になります。また、薬でコントロールできない心不全や尿毒症症状(吐気、栄養不良など)、高カリウム血症等が生じれば、移植や透析を早期に行う必要があります。

末期腎不全に対する治療手段として腎臓の機能のうち、水・老廃物を除去する手段である「透析療法」と腎臓の機能をほぼすべて肩代わりする「腎臓移植」の2通りがあります。

  • 透析療法:血液を透析器を通してきれいにして戻す「血液透析」と、お腹にカテーテルという管を入れてそれを通して透析液を出し入れする「腹膜透析」の2種類があります。
  • 腎臓移植:代替療法として理想的な治療法であり、少量の免疫抑制剤の継続的服用以外は、健常者と同様な生活が送れます(ファクトブック2008より)。移植の進歩により腎移植の適応が広がっています (血液型(ABO)不適合移植、夫婦間移植、高齢者移植、合併症の多い移植など)。

家族・配偶者・身内から2つの腎臓のうちの1つの提供を受ける「生体腎移植」と、脳死や心臓死になられた方から腎臓の提供を受ける「献腎移植」の2種類があります。

腎移植

腎移植は腎不全に対する理想的な治療法であり、少量の免疫抑制剤の継続的服用以外は、健常者と同様な生活が送れます。一例をあげればアメリカプロバスケットボール(NBA)選手のアロンゾ・モーニング選手です(写真下)。彼はオールスターに7回も選ばれた選手で、野球でいえばイチロー選手並みのスーパースターです。彼は腎臓病を患い腎移植を受けました。その後現役復帰し、移植前には果たせなかったNBA優勝を成し遂げました。私は丁度その時アメリカにおり彼のプレーを実際に見ましたが、その活躍は目覚ましく優勝に大きく貢献していました。残念ながら透析ではここまで元気にはなれません。この他同じくNBA選手のショーン・エリオット選手(NBAのサンアントニオ・スパーズに在籍した名選手、31歳で腎移植を受け、現役復帰。スパーズ時代の背番号32番は永久欠番)、ラグビーではオールブラックス(ニュージーランド代表)のスーパースター、ジョナ・ロムー選手(史上最年少の19歳でオールブラックスに選出。 29歳で腎移植。35歳までプロラグビー選手として活躍。2007年殿堂入り。)など多数のプロスポーツ選手が腎移植後、プロ選手として現役復帰を果たしています。
http://medipress.jp/advisers/23

移植の進歩により腎移植の成績は向上し、また適応も広がっています (血液型(ABO)不適合移植、夫婦間移植、高齢者移植、合併症の多い移植など)。また岡山大学泌尿器科では年間100例以上という豊富な腹腔鏡手術の経験を生かし、ドナーの手術は腹腔鏡下(カメラ)腎摘出手術を導入しています。従来の開腹手術に較べ出血が少なく、傷も小さいため、早期の社会復帰が可能となります。

腎移植チーフの荒木は東京女子医大で腎移植の臨床フェローを約2年、米国クリーブランドクリニックで腎移植フェローを3年経験しました。どちらも腎移植では世界有数の施設です。この間、日米で200例以上の生体腎/献腎移植を経験、また日本ではまだ数少ない脳死ドナーからの臓器摘出も約20例経験いたしました。これらの豊富な経験を生かし、岡山で腎移植を推進するべく奮闘しています。
腎移植に興味のある方は現時点で透析の有無にかかわらず、お気軽にご相談ください。

腎移植について詳しく話を聞きたい方へ

岡山大学病院看護部では4名の移植コーディネーターを配置しております。
コーディネーターとは移植を受けられる患者さまと、移植チームの橋渡しをする、移植医療の調整役です。腎移植に関する素朴な疑問や質問など、お気軽にお問い合わせください。いきなり医師に話を聞くのは気が引けるといった方の相談にも応じています。

腎移植 : よくある質問とお答え


岡山大学泌尿器科の腎移植チーム

 
岡山大学病院の移植コーディネーター


岡山大学泌尿器科病棟 腎移植チーム

キドニーライフサポーターの一員として腎臓内科、血液浄化部と連携し腎移植を行っています。

患者様のご紹介・お問い合わせ

荒木 元朗 (腎移植チーフ)
山下 里美(腎移植コーディネーター)
有森 千聖(腎移植コーディネーター)

お問合わせの連絡先は
岡山大学病院 移植コーディネーター室 
TEL:086-235-6965 (FAX:086-235-7631
でお願いいたします。また地域連携(Tel 086-223-7151, Fax 086-235-7744)で
腎移植紹介といっていただいても自動的に金曜日の荒木の予約になります。

また直接、荒木医師に連絡取りたい方は
泌尿器科医局直通 086-235-7287 (FAX:086-231-3986)にお願いします。
また患者さんもしくは医療関係者を対象として、腎移植についての分かりやすい勉強会を行っています。
遠方でも、土日でも出向いております。ご希望の方は気軽にご連絡ください。

腎移植 : よくある質問とお答え