学術研究活動

学術研究活動関連

  • 研究活動一覧
  • 国際交流
  • 学会スケジュール
  • 著書・業績集

私たちの取り組み

  • 遺伝子治療
  • 性同一性障害(GID)
  • 腹腔鏡手術
  • 腹腔鏡教育プログラム
  • 岡山大学泌尿器腹腔鏡 mini residency
  • 腎移植
  • ロボット手術
  • 密封小線源療法
  • 腎盂尿管鏡
  • HoLEP

外来入院統計

  • 外来統計
  • 入院統計

教室員募集について

岡山大学医学部泌尿器科では新年度 入局員を 大募集しています。卒業校、年齢、性別などは全く問いません。卒後臨床研究を終了された医師を歓迎します。当科に興味のある方は是非ご連絡下さい。 詳しい研修プログラムなどは、こちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

研究活動一覧


中国泌尿器科学会30周年祝賀式典参加報告

2011年10月27日〜30日、中国南京市にて第18回中国泌尿器科学会総会が開催された。今年は中国泌尿器科学会設立30周年に当たり、中国国内外より約3000名の泌尿器科の医師が参加し、30周年を盛大に慶祝した。岡山大学からは公文裕巳教授、上原慎也講師・医局長、賀来春紀が参加した。

式典会場のロビー通路の両側には長いポスターが貼られ、CUAの歴史、歴代理事、各研究グループのメンバーが紹介されていた。日中交流に関してはCUA国際名誉会員の公文裕巳教授、国際交流の部分には日中泌尿器科会議の紹介が展示されていた。

式典大会場は満席で、会場中心にアメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国およびCUAの先輩方、CUA理事など約100人が座られた。演壇中央の巨大スクリーンには「CUAの現代化、科学化および国際化を推進」、「奮起して、前進し、結束力を強め、輝き続けろ」の文言が繰り返されていた。

壇上には中華医学会幹部、江蘇省副知事、江蘇省衛生局幹部、大会主席那彦群教授、CUA理事らおよびSIU、EAU、AUA、JUA、KUAなどの来賓が着席された。

式典では30年来のCUAの歴史を回顧され、現代化されたCUA、国際的になったCUAが賛美された。初代CUA理事長呉階平院士の功績が讃えられ、CUAの発展に貢献したCUA会員が表彰された後、CUAの発展に多大な貢献した8名の先生方に国際栄誉会員証書が配布された(東京大学本間之夫教授がCUA国際栄誉会員証書を授与された)。

大会開会式に引き続き、招待講演が催された。今回のCUA総会の演題数は6048題に上り、そのうち英文演題は437題あり、国際会場、CUA-JUA会場、CUA-KUA会場も設けられていた。

CUAは飛躍的に進展し、医師の手術技量の進歩の著しさを実感した。今後は臨床研究、基礎研究を含め日中の学術交流を一層強めて行きたいと思う。

岡山大学 賀来 春紀

JUA理事長本間之夫先生とCJUA日本代表公文裕巳先生
CUA30周年式典
CUAポスター
第三回日中泌尿器科会議理事会記念写真
公文裕巳CUA国際名誉会員

公文裕巳教授、中国泌尿器科学会より栄誉会員の称号を授与される

2008年9月19日、中国雲南省昆明市で開かれた第十五回中国泌尿器科学会において、公文裕巳教授が中国泌尿器科学会(Chinese urological association(CUA))栄誉会員の称号を授与されました。

これは、日中泌尿器科会議を開催するなど両国の泌尿器科医療の架け橋となった公文裕巳教授へ、中国泌尿器科学会が感謝の意を示したものです。CUA栄誉会員の称号を授与されたのは、日本人としては公文裕巳教授が初めてです。

同時にCUA栄誉会員を授与されたのは、国際泌尿器科学会(SIU)会長Mostafa M Elhilali教授、アメリカ泌尿器科学会(AUA)会長Paul F. Schellhammer教授、ヨーロッパ泌尿器科学会(EAU)副事務局長Christopher Reginald Chapple教授、アメリカ泌尿器科学会事務局長Robert C. Flanigan教授、アジア泌尿器科学会会長Rainy Umbas教授といった方々で、世界において泌尿器科発展に多大な貢献をしたことが授与の理由となっています。

公文裕巳教授、第66回山陽新聞賞受賞

当科の公文裕巳教授が、前立腺がんの研究功績がたたえられ、地域社会に貢献した個人、団体に贈られる第66回山陽新聞賞を受賞し、賞状とメダル(日本芸術院会員、蛭田二郎氏製作)を授与されました。

2001年当教室では、前立腺がんでは国内で初めて遺伝子治療に着手し、「患者様への安全性と医療の透明性は絶対に欠かせない」という方針の下、ワクチン療法や密封小線源療法なども行ってきました。

公文裕巳教授は、学内では教授職以外にも、3つの組織(ナノバイオ標的医療イノベーションセンター、遺伝子・細胞治療センター、総合患者支援センター)のセンター長を兼任。「科学技術発展はその成果を患者様に還元してこそ意味がある」という信念の元、遺伝子治療を基盤に、新しい医療の創造に努め、その成果が評価されての受賞となりました。
2005年から、産学官連携医療産業創出組織であるメディカルテクノおかやまの会長も務め、岡山をアジアの医療産業拠点にするべく、心血を注いでいます。

公文裕巳教授、日本化学療法学会 志賀・秦記念賞受賞

当科の公文裕巳教授が、感染症に対する化学療法分野で顕著な成果を挙げた研究者に贈られる、日本化学療法学会志賀・秦記念賞を受賞いたしました。
この賞は、赤痢菌を発見した志賀潔、梅毒の特効薬サルバルサンを発見した秦佐八郎の功績をたたえて1990年に創設されたもので、岡山大学関係者が選ばれたのは初めてです。

院内感染の研究評価
公文裕巳教授の研究チームは、手術後の患者や体力の落ちた高齢者が感染しやすい緑膿菌などの耐性菌で、抗生物質を投与しても効かなくなるメカニズムを研究。細菌が自らを守るために作り出す膜「バイオフィルム」が、抗生物質を効きにくくし、院内感染の拡大に関与していることを突き止めたことが評価されました。
「日本化学療法学会 志賀・秦記念賞 公文教授が受賞」2007年6月8日山陽新聞

第41回緑膿菌感染症研究会を開催して - ご報告 -

第41回緑膿菌感染症研究会が2007年2月9日(金)・10日(土)に、岡山コンベンションセンターで開催されました。本学術集会会長の公文裕巳教授による“従来の抗菌薬治療とは異なる視点での緑膿菌感染症対策”を「温故知新」の観点から企画するという主旨のもと、“異分野との連携による緑膿菌感染制御への新戦略”をメインテーマとするプログラムを編成いたしました。参加者は130名を超え、活発な討議がなされ盛会のうちに終了することができましたことを感謝いたしております。

特別講演は、「Quorum-sensing 阻害剤による緑膿菌バイオフィルム形成阻害と剥離」と題して、東京大学先端科学技術研究センターの菅裕明先生にご講演いただきました。感染症治療の“break through”として注目されているクォーラムセンシング阻害剤の開発に合成生物学的アプローチから迫り、医療への貢献を目指している大変興味深い内容の講演でありました。

シンポジウムは、「緑膿菌感染症制御への新戦略」をテーマとして、生物工学や工学領域からのアプローチ、感染症領域における予防・診断・治療という視点からのアプローチについて、6人のシンポジストによる多面的な内容の発表がありました。本研究領域の発展において異分野との融合研究が重要であるという、“Take home message”を提供できたと思います。

教育講演は、岡山大学病院中央検査部の草野展周先生に「検査室からみた緑膿菌の感染制御」と題して、緑膿菌感染症の実態とその現実的制御という課題についてご講演いただきました。

教育セミナーは、東邦大学医学部微生物・感染症学講座の舘田一博先生に「緑膿菌感染症をめぐる最近の話題 -MDRP, BC-plateからQuorum-sensingまで-」および大分大学医学部感染分子病態制御講座の門田淳一先生に「緑膿菌感染症 -呼吸器領域における細菌と宿主のinteraction-」と題して、本研究領域の今日的展開についてご講演いただきました。

一般演題は20題の発表があり、「感受性・耐性」 9題、「病原性・治療」 5題、「基礎」 6題、いずれも最近の知見について、それぞれ熱心な討論がなされました。特に、メタロ-s-ラクタマーゼ産生菌をはじめとする多剤耐性緑膿菌(MDRP)の検出状況や治療に関する発表内容は、臨床現場における感染対策の重要性を再認識する貴重な報告でした。

最後になりましたが、本研究会の運営委員の先生方をはじめとする諸先生方および協賛企業の関係者の方々の並々ならぬご協力・ご支援の賜物として、実り多い研究会を催すことができました。ここに厚くお礼申し上げます。

事務局担当: 門田晃一、狩山玲子

第54回日本化学療法学会西日本支部総会 受賞報告

2006年12月2日〜3日、福岡市にて第54回日本化学療法学会西日本支部総会が開催され、狩山玲子助教が第1回日本化学療法学会西日本支部支部長賞−基礎部門−を受賞いたしました。

狩山玲子助教 第1回日本化学療法学会西日本支部支部長賞−基礎部門−受賞コメント
「本邦で分離されたVanA型Enterococcus faecalis (VRE) のバイオフィルム形成能および病原性因子に関する検討」の演題に対して、第1回の支部長賞を頂きましたことを大変光栄に思っております。
1998年に岡山大学病院でのVRE感染対策に携わったことを契機として、10年来細々と継続しているバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)に関する基礎研究が高く評価されましたことを感慨深く思っています。
叱咤激励を惜しまない公文裕巳教授、貴重な研究対象であるアウトブレイク株を分与して下さいました産業医科大学の松本哲朗教授と村谷哲郎博士、二人三脚でVREの研究を推進してきた光畑律子さんに深謝いたします。

第58回日本泌尿器科学会西日本総会 受賞報告

2006年11月2日〜4日、長崎市にて第58回日本泌尿器科学会西日本総会が開催され、枝村康平医師がヤングウロロジストリサーチコンテスト最優秀賞を、雑賀隆史講師、渡邉豊彦医師が学術奨励賞を受賞いたしました。

枝村康平医師 ヤングウロロジストリサーチコンテスト最優秀賞受賞コメント
総会のセッションのひとつであるヤングウロロジストリサーチコンテストは、40歳未満の若手泌尿器科医が対象であり、研究成果をすべて英語で発表、質疑応答するもので、一次選考にて選ばれた5名の泌尿器科医で競われました。
岡山大学にて同定されたREIC遺伝子を用いて、我々はこれまで前立腺癌皮下腫瘍モデルにおける局所の腫瘍抑制効果を確認していましたが、枝村医師はさらに研究を進め、前立腺癌同所移植モデルにおいてREIC遺伝子が局所腫瘍抑制作用のみならず転移抑制作用を示し、マウスの生存率を向上させる事を証明しました。この成果により、REIC遺伝子を用いた前立腺癌の遺伝子治療確立に向けてまた一歩前進したと言えます。 我々の研究成果がこのようなコンテストにて評価されたことは大変喜ばしいことであり、一日でも早い臨床応用を目指して引き続き研究を重ねていく所存です。

雑賀隆史講師 学術奨励賞受賞コメント
「前立腺癌におけるHybrid Surgery −良い視野、少ない出血、確実な cancer control―」の演題に対して学術奨励賞を頂きました。
学会賞では平成4年に坂口賞(皆さんあまりご存じないでしょうね)を頂いて以来で、全く予想外で驚いています。(と、いうよりも選考対象になっていることすら知らなかった)内容はそれなりに自信があるものだったのですが、同じセッションの他の演題を聞いているとどれもすばらしい内容だったものですから。受賞のもっとも大きな要因は小林先生が上手にビデオ部分を作ってくれたからでしょう。良かった良かったです。副賞は独り占めせず、仕事疲れの皆様のためになるべく使わせていただきます。

北京大学と共同研究開始

岡山大学泌尿器科は、中国・北京大学と共同で、北京市内に「前立腺がんセンター」を立ち上げました。日本、中国の両国で患者が急増する中、さまざまな共同プロジェクトを実施し、アジアにおける研究拠点を目指します。
「岡山大 前立腺がん共同研究 11日北京大にセンター開設」 2006年10月4日山陽新聞
「がん研究拠点に 北京大にセンター開設」 2006年10月12日山陽新聞

ヨウ素125を用いた前立腺癌永久挿入密封小線源治療

岡山大学泌尿器科では限局性前立腺がんに対し、ヨウ素125 という放射線物質(密封小線源)を前立腺内に埋め込む永久挿入密封小線源治療を2004年1月から開始しています。日本では2003年9月から治療が行われるようになり、岡山大学泌尿器科は日本で3番目に治療を開始し、2006年10月末現在までに270名の患者様に治療を行いました。

詳しくはこちら