泌尿器科の診療範囲

泌尿器科の診療範囲

診察のご案内

  • 診療時間と担当医
  • 当院へのアクセス

主な疾患と治療

  • 研究活動一覧
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 腎盂・尿管がん
  • 腎細胞がん
  • 精巣腫瘍
  • 性同一性障害(GID)
  • 感染症
  • 排尿障害
  • 腎不全
  • 尿路結石

手術統計

臨床研究へのご協力のお願い

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、自分の診療内容や治療法について、担当医以外の医師に意見を求めることです。
自らの治療に対して患者様自身が最良の方法を選択するため、私たちのセカンドオピニオン外来をご利用ください。

詳しくはこちら

患者さまへ

泌尿器科では、尿路系(おしっこの通り道)の臓器のみならず、男性生殖器を扱っています。また、内科的治療から外科的治療までを包括的にカバーしています。具体的には、尿路生殖器の感染症からその機能異常、泌尿器系がん、腎不全の治療としての腎移植まで扱っています。

泌尿器科の診療範囲

  • 副腎
  • 腎臓
  • 尿管
  • 膀胱
  • 前立腺
  • 尿道
  • 陰のう

副腎

大きく2層構造をしており、外側の副腎皮質と内側の副腎髄質から、多種のホルモンを分泌する内分泌器の一つです。腎上体(じんじょうたい)とも呼ばれ、腎臓と直接の接続はありません。副腎には自律神経が多く入ります。

関係する疾患

  • クッシング症候群
  • 原発性アルドステロン症
  • 褐色細胞腫
  • 副腎偶発腫瘍

腎臓

血液から、老廃物や余分な水分のろ過及び排出を行い、体液の恒常性の維持を主な役割とします。そら豆の様な形をしていて、腹の裏側、横隔膜の下に左右一対あります。中央内側のくぼんでいる部分は「腎門」と呼ばれ、ここに腎盂(腎盤)、腎動脈、腎静脈、輸尿管、リンパ管などが集まっています。

関係する疾患

尿管

尿を膀胱に運ぶ管腔臓器です。輸尿管(ゆにょうかん)とも呼ばれ、左右に1本ずつあります。腸管と同じようsに蠕動運動をしていて、これにより尿を膀胱に効率よく運んでいます。

関係する疾患

膀胱

腎臓から送られてくる尿を一時的に溜める器官です。下腹部の中央に位置し、左右の腎臓からの尿管でつながっています。尿を外部に排出するため尿道がつながり、尿道への入口は膀胱頸部筋で閉じられます。 排尿時は腹圧を加えることで膀胱の筋肉による内圧がかかり、膀胱頸部筋が開放、排尿に至ります。

関係する疾患

前立腺

器官の一つで、男性のみに存在する生殖器です。膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在します。その役割はまだ解明されていない部分が多く、主な働きは前立腺液の分泌です。精嚢から分泌された精嚢液を精巣で作られた精子と混合し精液を作り、射精における収縮や尿の排泄なども担っています。

関係する疾患

尿道

尿が膀胱から体外へ排泄されるときに通る管のことです。泌尿器に分類されますが、男性の場合は膀胱の出口で精管が接続されており、生殖器でもあります。男性と女性とでその長さが大きく異なり、外陰部側から細菌などが侵入し、膀胱にまで入って起きる尿路感染症の起こりやすさが男女で異なる原因であるといわれています。

関係する疾患

陰のう

睾丸(精巣)を包む器官で、男性のみに存在します。 精子の形成に適切な温度を維持する役目を担っています。

関係する疾患