私たちの取り組み

私たちの取り組み

  • 遺伝子治療
  • 性同一性障害(GID)
  • 腹腔鏡手術
  • 腹腔鏡教育プログラム
  • 岡山大学泌尿器腹腔鏡 mini residency
  • 腎移植
  • ロボット手術
  • 密封小線源療法
  • 腎盂尿管鏡
  • HoLEP

外来入院統計

  • 外来統計
  • 入院統計

学術研究活動関連

  • 研究活動一覧
  • 国際交流
  • 学会スケジュール
  • 著書・業績集

教室員募集について

岡山大学医学部泌尿器科では新年度 入局員を 大募集しています。卒業校、年齢、性別などは全く問いません。卒後臨床研究を終了された医師を歓迎します。当科に興味のある方は是非ご連絡下さい。 詳しい研修プログラムなどは、こちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

腹腔鏡手術


腹腔鏡手術とは

腹腔鏡手術とは、お腹を大きく開腹することなく手術を行います。体内に内視鏡(カメラ)を入れ、モニターに映し出される映像を見ながら手術をします。
5mm〜1cmほどの小さな皮膚切開より内視鏡や鉗子などを入れ、炭酸ガスにてお腹を膨らませて手術します。

患者様向け手術説明書

腹腔鏡手術は標準的な術式

日本における腹腔鏡手術の歴史はまだ10年程度と、比較的歴史の浅い治療です。しかし、腹腔鏡手術を行う技術を持った施設においては、腹腔鏡下の腎摘除術、副腎摘除術などは標準的な術式となっています。岡山大学においても腹腔鏡下手術の件数は右肩上がりに増えています。

最大のメリットは低侵襲

腹腔鏡手術の最大のメリットは傷が小さいことです。傷が小さいことに伴うメリットとして、

  • (1) 術後の痛みが格段に少ない
  • (2) 術後の回復が早い
  • (3) 早期に社会復帰が可能
  • (4) 美容的に優れていること

などが挙げられます。また、拡大された視野で、手術を行うため、開腹手術に比べ、出血が少ない傾向にあります。逆に、限られた視野で手術を行うため、術者には優れた技術と正確な解剖理解が必要とされる手術といえます。

当科における腹腔鏡手術の取り組み

当科では、小径の腎細胞癌に対する腹腔鏡下腎部分切除術、腹腔鏡下根治的腎摘除術、副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘除術などは標準術式として行っております。また、腹腔鏡下手術では完遂することが難しいような症例に対しても、腹腔鏡手術と開腹手術を組み合わせることで(我々はハイブリット手術と呼んでいます)、従来の開腹手術に比べ、少しでも低侵襲手術を目指し治療を行っております。

優れた技術

2006年度現在、当科には泌尿器腹腔鏡技術認定医(日本泌尿器内視鏡学会ならびに内視鏡外科学会)が4名在籍しております。これらの医師が中心なって、他の医師の指導を行いつつ、高度な技術をもって腹腔鏡手術に臨んでいます。今年度も認定医に3名の申請を行っており、全国でも有数の腹腔鏡技術を持った集団であると自負しています。

腹腔鏡下膀胱全摘除術

岡山大学泌尿器では、膀胱癌に対する膀胱全摘を腹腔鏡にて行っています。腹腔鏡による膀胱全摘は小さな傷より腹腔内にカメラを挿入し、腹腔内にて手術を行います。腹腔鏡下膀胱全摘除術のメリットは、これまでの開腹による膀胱全摘に比べ出血量が少なく体への侵襲が少ないため、手術後の回復が早く、入院日数が短い事です。岡山大学泌尿器科では、腹腔鏡下膀胱全摘除術を平成24年より開始し、平成29年までに約50例施行しております。現在では、浸潤性膀胱癌に対する第一選択の手術方法となっています。

腹腔鏡下手術に関する問い合わせ
月〜金曜日 午前8:30〜17:00
担当医:小林 泰之
担当医不在の場合は、適宜他のスタッフが対応いたします。
泌尿器科医局直通 086-235-7287 (FAX:086-231-3986