私たちの取り組み

私たちの取り組み

  • 遺伝子治療
  • 性同一性障害(GID)
  • 腹腔鏡手術
  • 腹腔鏡教育プログラム
  • 岡山大学泌尿器腹腔鏡 mini residency
  • 腎移植
  • ロボット手術
  • 密封小線源療法
  • 腎盂尿管鏡
  • HoLEP

外来入院統計

  • 外来統計
  • 入院統計

学術研究活動関連

  • 研究活動一覧
  • 国際交流
  • 学会スケジュール
  • 著書・業績集

教室員募集について

岡山大学医学部泌尿器科では新年度 入局員を 大募集しています。卒業校、年齢、性別などは全く問いません。卒後臨床研究を終了された医師を歓迎します。当科に興味のある方は是非ご連絡下さい。 詳しい研修プログラムなどは、こちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

腹腔鏡教育プログラム


はじめに

年々増加する腹腔鏡手術

腹腔鏡手術手技の向上に伴い、近年腹腔鏡手術は件数が右肩上がりに増加しています。
小さな腎がんに対する腎摘除術、副腎腫瘍に対する副腎摘除などは、腹腔鏡下手術が標準術式と言っても過言ではありません。

腹腔鏡技術認定制度スタート

腹腔鏡手術の増加に伴い、安全な手術手技の普及を目的に、2004年より日本泌尿器科学会ならびに日本ESWL・ESWL学会、日本内視鏡学会認定の泌尿器腹腔鏡技術認定制度がスタートしました。
2009年までの6年間、全国に564人の泌尿器腹腔鏡認定医が誕生しています。

岡山大学泌尿器科腹腔鏡教育プログラム

プログラム概要

岡山大学泌尿器科では、安全で確実な腹腔鏡手術手技の普及を目的に、2006年より「腹腔鏡教育プログラム」を開始しました。

腹腔鏡教育プログラム3つの柱
  • 1.少人数制 (年間2名、10月〜翌年9月)
    短期間に効率的に技術を習得するには、症例の集中が大切と考えています。年間の手術数を考慮して、本プログラム参加者は年間2名(10月開始、9月修了)に限定しています。
  • 2.術式の標準化
    手術の安全性、確実性を確保する目的にすべての術式に手術手順書を作成し、手術手順の標準化を行っています。
  • 3.段階的なトレーニングカリキュラムの作成
    効率的にトレーニングを行うには、術者のレベルに合わせた段階的なカリキュラムが重要と考えます。具体的には、スコピスト(カメラ)を経験し、解剖学的理解、道具の理解、手術の流れを理解してから術者への道が開けるようにしています。

トレーニング参加資格

1.腹腔鏡手術手技取得を強く希望する方

高いモチベーションほど、トレーニングの効果を高めるものはありません。1回の手術、ひとつの症例で多くのことを学んでいただくには、腹腔鏡手術の手技取得に対する高い目的意識が必須と考えています。

2.標準的な泌尿器科手術ができる方

腹腔鏡手術手技取得に向けて、高いレベルの手術、指導に努めています。プログラムの効果を最適なものにするためにも、ある一定レベルの泌尿器科手術ができることを当プログラムの参加資格とさせていただいております。

3.泌尿器科専門医を取得している方 (必須ではありません)

2と同じ理由で、泌尿器科医としての、一定の知識、技術、経験の目安として、必須ではありませんが、泌尿器科専門医を取得されている方を望みます。

手術のクオリティについて

腹腔鏡技術認定医 8名在籍

岡山大学泌尿器科には腹腔鏡技術認定医が8名在籍しています。これらの医師が必ず腹腔鏡手術には立ち会い、指導を行っております。そのため、非常に高いレベルの手術が行えていると自負しております。

認定医取得の実績

2010年度 新たに6名の認定医

岡山大学泌尿器科では、2010年度の泌尿器腹腔鏡技術認定医に6名が合格し、2011年4月現在、岡山大学関連の泌尿器腹腔鏡技術認定医は30名となりました。全国的に見ても、岡山大学泌尿器科に在籍する腹腔鏡認定医の数は多く、またトレーニング参加者が若い泌尿器科医であることが、岡山大学の特徴となっています。

当プログラムに関する問い合わせ
毎週火曜日・木曜日 8:30 〜 17:30  (FAX 随時受付) (担当:小林 泰之)
上記の時間帯以外のお問い合わせは、担当医以外のスタッフがお答えいたします。
泌尿器科医局直通 086-235-7287 (FAX 086-231-3986